婚活男子がやりがちな地雷コミュニケーション10パターン(Part3)

こんにちは。

婚活で豊富な黒歴史ラインナップを取り揃えております、Terryです。

経験は財産、そう考えて生きています。

さて今回で地雷コミュニケーションも最後、Part3です。

書けば書くほど自分の黒歴史を想起させられ、心折れそうになってますが、

これを読んでくれている誰かのためになればと思って頑張ります。

  8. 分かったフリをする【メンヘラホイホイ男子】
  9. ずっとしゃべり続ける【終わりなき旅男子】
  10.自分の話ばかりする【No JIMAN No LIFE 男子】

ではいってみましょう。

分かったフリをする【メンヘラホイホイ男子】

よく、初対面など関係性があまりない段階で、

「〇〇さんって二面性があるよね」とか

「〇〇さんって実はコンプレックスを持ってるよね」みたいな事を言う人がいます。

中途半端に遊びなれた男子に多いですが、

メリット1に対してデメリット9の手法なのでオススメしません。

関係性が薄い状態でこれを言われると、大抵の女子は「キモッ」と思ってます。

たまに「え!どうして分かるの!?」っていうリアクションの人もいますが、

場を盛り上げようとしてくれているコミュ力高い女子の気遣いか、

もしくはメンタル不安定な女子のどちらかです。

しかも、言ってる内容が当たる場合は、

誰にでも当てはまる事か、奇跡的にあたってるか、のいずれかです。

当たっててもまぐれがほとんどなので、その後にその話題を掘られても会話がうまく成立しません。

人の内面を推測するのは難易度の高い行為です。

心から相手の事をもっと知りたいと思ったら、まずは関係性を深めて

下手に知ったかぶらず正面から「質問」するようにしましょう

ずっとしゃべり続ける【終わりなき旅男子】

僕の考える地雷ランキング第2位です。

喋りを旅と例えるならば、彼らは終わりなき旅を続けます。

あ、ミスチルの事をディスってる訳ではないですよ。むしろ大好きです。

本題ですが、彼らは喋ってます。ずっと喋ってます。どうでもいい話を喋ってます。

極稀に相手に質問しますが、その答えも軽く膨らませてすぐ自分の旅に戻ります。

無言の時間がダメだと思っているからです。

会話は楽しい反面エネルギーも使うので、適度な間が必要です。

その間がないままずっとしゃべり続けられると、女性は(というか同性でも)疲れるので、

一緒にいる事が苦痛になります。

これは次の「自分の話ばかりする」とセットプランで契約してる人が多く、

原因や対策もほぼ似てるのでそれらは次で説明します。

自分の話ばかりする【No JIMAN No LIFE 男子】

僕の考える地雷オブザベストです。

威力は封印されしエクゾディア級だと思ってください。

そのデートは1発でゲームオーバーです。

彼らはただひたすら自分の自慢話や、褒めて欲しい心理が透けて見える話をしてきます。

どちらも1度ならまだしも、数回続けて聞くと疲れるので、

相手はこれ以上話を盛り上げて長くならないよう、最低限のリアクションしかしなくなります

すると、本人は「この話ウケてない」と思い、更に言葉を重ねてきます

負のループとはこの事です。

これは第2位の「ずっとしゃべり続ける」も同様です。

どんな人が当てはまる?

これらに該当する人は以下の傾向が強いです。

  ・自分に自信がない
  ・自分の事を良く見せようとしてしまう
  ・無言の時間は相手を楽しませられてない時間と考えている

どれも性格や価値観なので簡単に変えられる事じゃないですよね。

けど、どれも人と関係を構築していくために必要な事です。

じゃあどうやって変えていけばいいか。

変えるべきこと

まず、考えかたを変えましょう。

無言の時間は無言のままでいいんです。

話してる時間も楽しいですが疲れるので、無言の時間は必要なものです。

10秒~30秒でいいです。外の景色を見たりして落ち着く時間だと思いましょう。

会話を引き出す

無言の時間をきちんと作れたら何気なく周りを観察してください。

ふと思う事や気になるを見つけて、それをそのまま口に出してみましょう。

あ、一言で終わらせてくださいね(笑)

単調な返事だけで終わる事が多いですが、相手が反応してくれる時があります。

そこから質問して、今度は相手に喋らせるターンを作りましょう

  無言:・・・・
  自分:なんかあそこに飾ってある絵キレイですね。
  相手:そうですね。(単調な返事で終わる)
  自分:あのお花もキレイです。このお店、色んなものが飾ってあるんですね。
  相手:そうですね、あれはガーベラですね。(ちょっと反応してくれた)
  自分:そうなんですか。よく分かりますね。(掘り下げてみる)
  相手:あ、昔お花屋さんでバイトしてた事があったので。(いい話題が見つかった)
  自分:そうなんですか。いつ頃ですか?(質問で相手のターンを作る)

自信は経験で育つ

そんな事を続けて慣れていけば、少しずつ無言の時間が苦じゃなくなってきます。

その時には、あなたはその時間の過ごし方に「自信」を持ってます。

だから、今の自分でいいので、それ以上自分を良く見せようとする必要もありません

聞いてもいない過去自慢やスペックアピールは、多くの女性から

「こいつペラペラだな」と思われてます。僕も思われてました(笑)

まずは無言を恐れず、少しずつ練習してみましょう。

大丈夫です。できます。

準備と実践のススメ

婚活の場で初対面の相手と話す時は、大体相手のプロフィールなど

前情報がある場合がほとんどですよね。

それを活かさない手はありません。

  ・お相手の女性はどんな話題を振ったら喜びそうか
  ・相手が知りたい事は何なのか
  ・自分が知りたい事は何なのか
  ・自分が話せる持ちネタは何か

などなど、整理・準備していく事をオススメします。

準備をすれば不安もぬぐえますし、自信がつきます。

舞い上がって挙動不審な事をする(経験談 笑)可能性もグッと下がります。

そして、色々な知識を学ぶよりとにかく実践してみてください。

最初は必ず失敗しますが、失敗した時が一番色んな事が身につきます。

もし力になれる事があればいつでもご相談に乗ります。

Terry