やらかした!マッチングアプリの失敗デート(写真加工の女性)

こんにちは。

消化試合のデート経験100回を超えるTerryです。

女性の加工写真を加工前に戻すアプリを誰か作ってください。

さて、今回はTerryの過去の失敗談をお伝えしていきます。

失敗例なんて山ほどあるんですが、今回はマッチングアプリでよくある写真加工の女性に会ったケースです。

最後に反省点も記載しているので、

僕のアホな経験を参考に、同じ過ちを犯さぬようご注意ください。

おれの屍を越えてゆけ。

34歳会社員Mさん

マッチングアプリOmiaiで出会ったMさん。

プロフィール写真が4枚掲載されていたんですがは、どれも28歳くらいにしか見えない写真ばかり。

友達が撮った自然な笑顔の写真もあれば、全身が見える写真もありどの写真も28歳に見えます。

しかもファッションセンスもすごい好み。

きた!久しぶりの当たりだ!

そう感じて、失敗のないように慎重にやり取りを始めます。

こういう時はテンションが上がって最初から

  「かわいいですね」

  「オシャレですね」

なんて安易な誉め言葉を出して引かれるのが、いつもの失敗パターン。

そんな事にならないように・・・なんて注意しますが、そんな心配もなんのその。

Mさんから積極的に質問してくれたりして、会話がすごく楽しい!

Mさんは羊毛フェルトという、綿を針みたいなもので

ザクザク刺しながら人形を作るのが趣味との事。
羊毛フェルト
画像はこちらから拝借

そんな趣味初めて聞きましたがgoogle先生で羊毛フェルトの写真を調べたりして

  「こいうやつですか!?かわいいいですね!」

  「作品の写真があったら見てみたいです」

なんて返しをしながら盛り上げます。

そして4日程度メッセージ交換した頃にお食事に誘うと、即OKのお返事!

日時やお店選びを一緒にしながら、いざ初デート当日を迎えます。

いやー、楽しみすぎます!

デート準備

デート当日、1時間ほど早く時間ができたので早めに現地に向かいながら

ふとMさんのLINEのタイムラインを見ると…

なんと3日後が誕生日である事が判明!!

これは印象を上げられるチャンスだと思い、

すぐにお店に電話してバースデープレートを追加手配

加えて、Mさんは競争の激しそうな子なので少しでも他の男性と差別化すべく

近くのデパ地下で簡単なプレゼント(1,000円ちょっとの焼菓子)も準備します。

Mさんのプロフィールやメッセージのやりとりを復習しつつ、

話題も10個ほど用意しました。

もちろんその話題リストには羊毛フェルトもあります。

インスタでかわいい写真を上げてるユーザーを3人探しておいたので、

  「こんなインスタ見つけたんですけど知ってますか?」

なんて話題にする予定。
(インスタなんて数日前にインストールしましたが、なにか?)

お店も何度か行った事のある慣れたお店にしてあるので、

もうこれで準備万端!テンションMAX!いざ待ち合わせ場所へ。

消化試合確定

待ち合わせ場所に到着しましたが、Mさんは少し遅れますとの事。

いや、待ちますよ、全然待ちますよ。

なんならアプリの写真を何度も見返して、その度に

「あ~、かわいいな~」

ってニヤニヤしてます。(←不審者)

そうして4,5回ニヤニヤしてるうちに、

Mさんから「到着しました!」とのLINEが。

顔をニヤニヤから真顔に戻して辺りを見回すと、アプリの写真で着ているものと同じ

グレーのコートを身にまとったかわいい女の子が向こうから走ってきます。

「そんなに慌てなくていいのに~えへへ」なんて思いつつ遠目でかわいい事を認識。

心のニヤニヤが止まりません。

顔に出るな、ニヤニヤよ。

…がしかし、50m向こうでは28歳に見えてたMさんは、

視力0.7の僕の目には、近づくにつれ段々と年齢が上がってるように見えます

  距離50m おお!やっぱりかわいい!20代後半にしか見えな…

  距離30m ん?30代っぽい雰囲気あるな…

  距離10m いや、34さ…

  距離1m  ・・・・

Mさん「こんばんは!遅くなってすみません~、はじめまして♪(舌をペロっ)」

えええええええええええええええ!!

表情はスマイルですが、心のニヤニヤは心の戸惑いに変わっています。

  —心の声ココカラ—————————————

  ぜんっぜん28歳じゃない!

  むしろ34歳でもない!

  この50mは時空が歪んでるのか!?

  しかもリアルにテヘペロされたし!そんな人いる!?

   詐欺罪の疑いがあるので、ちょっと署までご同行願えますか?

  —心の声ココマデ—————————————

そんな暴言を吐きたくなる気持ちをグッッッとこらえて、お店までの道中

  「今日は時間作って頂いてありがとうございます」

  「洋服すごいオシャレですね」

  「お腹空いてますか?」

  「今日のお店は〇〇が美味しいらしいから楽しみですね」

なんて言葉をbotのように吐き出し続けます。

5分前まであったあのときめきは、待ち合わせ場所の日本橋高島屋に捨ててきました。

お食事~バイバイ

そこからはテンションだだ下がりの僕です。

  お店では美味しい食事がどんどん運ばれてきます。
  (期待値の落差がすごすぎて、もう味が分からん)

  Mさんはテンション高めでひたすらしゃべり続けます。
  (これ、会話ネタ10コ準備しなくて大丈夫だったわ)

  トイレに行って何度もプロフィール写真と脳内のMさんを比較します。
  (ほうれい線と顎のライン、きれいに消してんな~

  席に戻って再び会話に戻ります。
  (実家の斜向かいのおばちゃんと同じ喋り方だわ)

  Mさんはテンション高めでまだまだしゃべり続けます。
  (おれ、お店について「はい」と「そうなんですね」以外になに喋ったっけ?)

  もう一度トイレに行ってスマホをポチポチします。
  (インスタの羊毛フェルトのフォローはずそう)

  「その紙袋なんですか~?」と焼き菓子を突っ込まれます。
  (いえ、これは友達へのお土産です、今決めました)

  バースデープレートが音楽と共に運ばれてきます。
  (今年一番の作り笑顔なう、ってツイートしたい)

そしてお会計。お誕生日をお祝いしてるので、もちろん僕が払います
(お祝いしなければワリカンに持ち込めたんだが…)

帰り際には「すっごい楽しかったです!ありがとうございました!」

との満足そうなお言葉。

そうですよね、あなたずっと喋り続けてましたから。

反省点

電車で帰路につきつつ灰になってました。

灰になる

けど、そのままじゃまた同じ過ちを…なので1人大反省会です。

反省点を考えました。

  ・写真だけで期待値を上げ過ぎた

  ・メッセージの受け取り方が客観的でなかった
  (=かわいい28歳と話してるイメージで気持ちが盛り上がりすぎた)

  ・会ってもいないのにプレゼントなど投資しすぎた

  ・この写真加工はレベル高すぎて誰も見抜けない

けど、良かったところもあります。

  ・メッセージの盛り上げはうまくできた

  ・タイムラインで誕生日を調べるスキルを身に付けた

  ・会うまでの準備は万全にできていた

ということで次回からの反省点を決意。

  ・いいねをする前に全件一日寝かせる
  (すぐにいいねせず一旦お気に入りに入れ、翌日改めていいねするか考える事)

  ・加工を見抜く努力より期待値をコントロールする努力をする
  (会う前に何度も写真を見ない、など)

  ・メッセージは客観的な視点で見て冷静な気持ちで返す
  (即レスしないとか、送信前に文章を読み直すとか)

みなさんも、同じ過ちをしないよう期待値の上げ過ぎにはご注意を。

とはいえ、婚活は経験してなんぼです。

失敗は成長に繋がるのでデートはどんどんチャレンジする事をオススメします。

ではまた次回。

Terry