口下手男性におすすめの婚活方法と聞き上手になれる“7つのテクニック”

こんにちわ。婚活アドバイザーの石川瞳です。
立夏を過ぎ、陽射しの中にも夏の気配が感じられます。

大人しい性格、無口、人見知り、それにどちらかと言えば口下手だし・・・。
婚活が始まったらうまく女性と会話できるか自信がない・・・。

“口下手だと婚活は不利なの?”

本日は、そんなお悩みを抱えている方へ口下手男性が知って得する婚活体験談と、口下手をデメリットに感じずに婚活できる方法を紹介します!

【口下手男性の特徴】

・話がうまく伝えられない
・頭の中で言いたいことが整理できない
・もともと無口
・ずっと会話していることを好まない
・話を聞いていないと誤解されやすい

上記のような特徴が挙げられるそうですが、口下手を直さないと婚活できないということはありません!
また、口下手をデメリットに感じて婚活を踏み止まらないで下さいね。

なぜならば、婚活中は口先で物を言う必要がないからです。
大勢の婚活パーティであれば、口上手な男性が持っているスキルがその場の会話を盛り上げる潤滑剤にはなりますが、大事なのは1対1の時間です。
そして、口下手な男性は、嘘や誤魔化しも苦手な為、本心しか言わない(言えない)という特徴もあります。これは、十分にメリットに変わり、信用されやすい男性になります。

【口下手な男性は戦える婚活の場所を選ぶ】

まずは、私が実際に聞いた“婚活パーティ体験談”を紹介します。

【41歳バツ1のSさん】

「このまま独身で過ごしたくない!」という強い想いを38歳の時に抱きます。
その後、インターネットサイトで婚活パーティ調べて、参加してみたのだそうです。

大きい会場で行われた婚活パーティの内容とは、女性がいる個室に男性がプロフィールカードを持ってどんどん回っていくというもの。
各個室には、20人の女性です。
そして、男性のアピール時間はなんと1分だそうです。

流れとしては、入室後にプロフィールカードを渡して、1分会話した後に、アドレスを書いた紙を渡して次の女性がいる個室に入っていくのだそうです。
Sさんは、様々な婚活パーティに参加され、現在はそのパーティで知り合った方とご結婚して1歳のお子様がいらっしゃいます。
ふと疑問に感じた私は「持ち時間が1分しかないならルックス重視になりませんか?」と質問したところ、連絡先を渡しているので割とメールでの連絡がくるそうです。

大事なのは、婚活パーティの後にメールのやりとりや電話で自分をアピールしていくことだそうです。

しかし、初対面での自己アピール1分とはなかなかのハードルではないでしょうか?
短時間での自己アピールをこなした後に、振り向いてもらうためのマメなやりとり。
さらに口下手ゆえにメールのやりとりや電話が苦手だったらどうしたらいいの?と思ってしまいますよね。

それならば、口下手男性の婚活は”戦略”を考える必要があります。
現代では、様々な婚活方法を自分で選べますが、私のおすすめの婚活方法は第三者の仲介がある婚活です!

婚活の種類を把握して40代の婚活を充実させよう

「初対面の時はどんな会話をしたらいいの?」
「内向的な性格でうまく伝えられないけど、本当はすごく楽しかったからまた会いたい」
「あの時の会話で誤解されていないか不安」
このようなことを仲介人にカバーして貰いながら恋愛のサポートが得られるからです。

【口下手男性は、聞き上手な男性になれる】

女性はおしゃべりが大好きです。
女子会の平均時間を男性の皆さんは、知っていますか?びっくりしないで下さいね。答えは4時間です。
聞くことも会話です。話しを存分に聞いてあげましょう!

~聞き上手になれる7つのテクニックで口下手男性は婚活を成功させる~

1. 会話の内容に合わせて頷き方を変える

 “うんうん”のリズムで首を上下に振るだけです。簡単ですね。
時には、会話の内容に合わせてゆっくりじっくり頷いたり、細かく頷いたりしていると話を聞いていることが視覚的に伝わります。
話を聞いている姿勢、話を聞こうとしてくれている雰囲気、これだけ意識すればOKです!

2. 相槌はバリエーション豊かに

 “はい”のワンパターンだけでは「この人、ちゃんと話聞いているのかな?」なんて思われてしまうことも。
会話に合わせた相槌をしましょう!

そして、「へぇ…」「はあ」など興味のないような声は出さないようにしましょうね!(笑)
あなたの話に興味津々です。もっと聞かせて下さい!という姿勢を心がける事で好印象に繋がります。
「へぇー!なるほど」「うんうん、面白いですね」「あぁー!すごいですね」
このような明るい相槌には自然と明るい表情もついてきますよ。

3. 中断させたり、否定したりしないで最後まで相手の話を聞く

誰でも話の途中で中断されたり、否定されたりしたら楽しく話しを続けられなくなります。
女性の会話を聞くことに徹底しましょう。
話に対しての意見というよりも、相手の話に共感できるところを探しながら聞くことも大事ですね。

4. 相手の目を見て話を聞いていることをアピール

 キョロキョロしたり、まったく違うところを見ていたりすると皆さんもお分かりかと思いますが、失礼な態度に見えてしまいますね。
相手の目を見るのが苦手な方や、極度に緊張してしまう方におすすめの視線のやり場は、目の少し上を見ることです。

目と眉毛の間あたりを見てみて下さい。ばっちり目を合わせていなくてもこれで大丈夫です。意外に思われるかもしれませんが、こちらの微妙な視線はずしは実際に会話のテクニックのひとつとして挙げられていることも多いですよ。

5. オウム返しは適度に

「今日ここまで来るのに少し迷ってしまいました。道がよく分からなかったです。」
「道が分からなかったのですね。あまりこちらの駅は普段利用しないのですか?」
このように、オウム返しの後に質問ができたら会話も成り立ちますよね。

そして、ちゃんと話を聞いていることや話している内容を聞きたいと思っている様子が相手に伝わります。
毎回毎回オウム返しするよりは、大体の目安ですが3割程度使う気持ちで適度に使いましょう。
相手の言い間違いを懐疑的にオウム返しする事は気を付けて下さいね。

6. 質問をして会話の主導権は相手に

 婚活中に出会う初対面の女性の情報を知る為にも質問をすることは会話の基本です。
そして、口下手で自分の話が苦手であれば質問をして相手に話してもらいましょう。

「僕は〇〇が趣味ですが、〇〇さんは興味ありますか?」と答えやすい質問をしましょう。
趣味や好きな場所、好きな映画、好きな食べ物、好きな休日の過ごし方などポジティブな内容の質問をすると答えやすく、盛り上がる会話の入り口を作れます。

7. その場の雰囲気をとにかく重視する

初対面の女性との会話は緊張しますよね。それでもとにかく雰囲気重視です。
緊張している状態で「盛り上げなくては…!」「何を話せばいいんだ…」「あぁ、うまく伝わらないから逃げ出してしまいたい気分」なんて思っていると、不思議と相手にその様子は伝わってしまいます。

解決策としては、相槌にも、頷く時のも表情を付けましょう。
話がよく分からなくても怪訝な表情はせずに、口角を上げて穏やかな表情を心がけてくださいね。
喜怒哀楽の“喜”と“楽”しか使わないイメージを持ってください。楽しい雰囲気についてくる会話はあります。また、良い雰囲気でその場を終えることで次に会うことに繋がりやすいです。

【婚活男性の口下手はデメリットではない】

本来男性とは、口下手な生き物です。
寡黙な男性を男らしいとタイプに思う女性もいますよ。

結論を言うと、口下手でも恋愛も結婚もできますから安心してください。
表面だけ取り繕う会話は婚活には意味がないので、繰り返しになりますが、本心しか話さない口下手男性は女性からの信用や安心を得られやすいのです。
信用や安心は、恋愛や結婚においてすごく大事なことですよね。

そして、結婚相手に求められているのは誠実な男性です。
口下手男性の婚活は、真剣に話を聞く姿勢でさらに誠実さをアピールしましょう!

なによりも大事なのは、相手の話を尊重して聞く気持ちです。
相手の話を聞きながら共通の話題が見つけられたり、興味深い話が聞けたり、楽しい雰囲気で自然と笑みがこぼれていたりとふたりで過ごしていく時間の中でお互いの距離が縮まります。

口下手だからと焦らずに、自分に合った婚活方法を把握して選び、結婚というゴールに向かうことで口下手はデメリットとは呼べない長所に変わります。